悠久の時に見守られ、絆を紡ぐ ウエディング

結婚式は人生で一度きりの特別な体験。 最愛の人と生きてゆく、新しい人生のはじまり。 これまで歩いてきた人生を思い返すと たくさんの大切な人からの愛を感じ、心に明かりが灯るように心があたたかくなる。

大切な人とのつながりを感じ、幸せな時と共有する 毎日の幸せをぎゅっと凝縮したような特別感をウエディングに。

History|
先人の願いを受継ぎ、想いを紡ぐ場所「えん」

江戸時代から16代、この地で酒造りを継承してきた木村家。現当主の「たくさんの人の縁を繋ぐ場所になるように」との願いを承けて「竹田城城下町ホテルEN(えん)」として、2013年11月より新たな歩みをはじめました。懐かしくも新しい洗練された佇まいは、時代を越え継承される日本の建築美を纏い、さらに未来へ、人々の想いとともに城下町の歴史を紡ぎます。 悠久の時を越え受継がれる文化財を舞台に、何年経っても色褪せない絆を紡ぐウエディングを。

Facility|
時を越え、ふたりの新しい人生を見守る場所

竹田城城下町ホテルEN(えん)は、元老舗酒造場をリノベーションした古民家ホテル。パーティ会場となるダイニングは、発酵蔵を改装したもの。太い梁に支えられ、重ねた時の重み感じる土壁があたたかくふたりの門出を祝福します。かつて、但馬の豊かな自然に育まれた米が杜氏たちの手によって美しく澄んだ酒になったように、たくさんの愛情に包まれ、歳月を経て「夫婦」となるおふたりを見守り続けます。

Hospitality|
マニュアルにはない、真のおもてなし

結婚式当日をお手伝いさせていただくスタッフは、おふたりの感謝の気持ちをゲストのみなさまにお伝えする「代弁者」として「100点のサービス」に加えて「100%のおもてなし」を追究しています。
「100%のおもてなし」。それは、お客様に合わせて、お客様の求めるものや喜びをご提供し、満足していただくこと。それを、マニュアルではなく、スタッフひとりひとりが考えて行動する。究極の顧客満足を目指したサービスをご提供しています。