悠久のときが流れる明治期の豪邸を、
あえて“そのまま”に。
春夏秋冬の新しい命を吹き込みました

竹田城 城下町 ホテルEN(えん)は、明治期に建てられた築100年以上の建物を、可能な限り“そのまま”にリノベート。そのため、全5室の客室はいずれも異なる空間に生まれ変わりました。母屋にある4室「桜」「藤」「欅」「桂」と2016年・春オープンの1棟貸切のドッグフレンドリー離れ「楠」は、春・夏・秋・冬それぞれの樹名に新たな思いが込められ名付けられました。