観光情報

天空の城に冬がくる。冬にしか出会えない、雪山の魅力をご紹介します

secito_00001-2

いつの間にか吐く息もすっかり白くなり、冬の訪れを感じるようになりました。
ホテルEN付近では、1月頃から雪がちらつき始めるため、天空の城の雪化粧に出会える可能性があります。
厳しい寒さの中で出会えば、その景色も一段と美しく見えるでしょう。

冬に出会う銀世界は、夏には得られない感動を味わうことができます。
この違いを楽しむことが出来るのは、四季を持つ日本ならではの特徴です。

まるで空からの贈り物とも言えるような光の中で、まぶしいほどに輝く雪。
雪が降るだけで、まるで別世界に迷い込んだような気持ちになりますね。

そんな白銀の世界に出会いたいあなたへ、
冬の登山をする際の豆知識をご紹介します。

 

■靴■

初心者の方が失敗しやすいのが、登山靴。
選ぶ際に重要なのは、足全体のフィット感です。
フィッティング不足では靴擦れやマメができてしまい、
登山に大きな影響が出てしまいます。
デザインだけではなく、しっかり自分の足の形状に合ったものを選びましょう!

また、初心者には、やわらかい靴がおすすめです。
縦走や岩稜などを歩く場合、靴底が硬いほうが疲れにくいのですが、
足首の筋力が少ない初心者の場合は、かえって危険かもしれません。
ぜひ柔らかいシューズで、足裏感覚やバランスを養ってください。

 

■装備■

登山の服装は何を着るかよりも、どういう組み合わせで着るかが重要です。
重ね着をすることで、体温コントロールをしやすくするためです。

1、肌着(アンダー)
2、中間着(ミッド)
3、外着(アウター)

アンダーで汗を吸収し中間着で保温、アウターで雨風を凌ぐのが理想です。

 

■注意点■

登山の前日はしっかり睡眠を取り、登る前には準備体操を。
寒さが厳しい場合は低体温や凍傷による身体の危険も増すため、
手袋や帽子、ネックウォーマーなどの寒さ対策も充分に。
積雪が多くなると、ルート判断が困難になる可能性がありますので、
懐中電灯や最低限の水もお持ちになってください。

 

自然の美しさは、厳しさの中にあるものですが
万全の備えをすれば、雪の降る山も安心して望むことができますね。
冬だからこそ楽しめる絶景を見に、足をのばしてみてはいかかでしょうか。

こちらもご参考になさってください。
⇒ 竹田城跡の見所と登り方