観光情報

日本史跡探訪「生野銀山」は、リアル世界の「ダンジョン」

%e7%94%9f%e9%87%8e%e9%8a%80%e5%b1%b1m

兵庫の但馬エリアには日本有数の鉱山群があります。
今年4月、この鉱山や史跡などの歴史をまとめたストーリー
「銀の馬車道 鉱石の道」が、日本遺産に認定されました。
今回はそのひとつ朝来市の生野鉱山をご紹介します。

明治維新後、日本で初めて官営された生野鉱山。
フランス人技師を招いて西洋の鉱山技術を導入、
日本の近代化を牽引してきた鉱山です。
807~1973年にかけて採掘され、1200年の長い歴史を持っています。

今は観光史跡「生野銀山」として採掘跡を見学できます。
人力で採掘された坑道「狸堀り」から機械化の歴史を
垣間見ることができる貴重な産業遺産となっています。

アリの巣のように張り巡らされた坑道はまさしくダンジョン!
地下へは880mもの深さがあり、総延長はなんと350Km!
当時使われていた巻揚機のエレベーターは730mの長さがあります。
その一部が公開されていて、約40分で観覧できます。

坑道には、採掘作業を再現したマネキン人形が60体、置かれています。
このマネキンは、アイドル「GINZAN BOYZ」として、
生野銀山のPRも担っています。
探検しながらお気に入りのイケメンBOYを探すのも楽しいですよ。

坑道内は約13度の一定気温になっています。
真夏でもヒンヤリ寒いため、観光の際は上着を1枚ご用意ください。

生野町では、今週末9/24に「銀谷祭り」が開催されます。
今年は日本遺産認定を記念して、
生野鉱山近代化産業遺産の特別公開も予定しています。

周辺観光には生野書院や旧生野鉱山職員宿舎、
ミュージアムセンター、トロッコ軌道跡などもおすすめ。

生野へは当ホテルより南へ車で約20分。
竹田城跡のほか、近隣観光をお楽しみいただける
生野にもぜひお出掛けになってみてくださいね。

 

img_1741m

●史跡  生野銀山
営業時間:
9:00~17:30(4-10月)
9:00~17:00(11月)
9:30~16:30(12-2月)
9:30~17:00(3月)
※受付終了40分前まで
入場料:大人900円、中高生600円、小学生400円
場所:朝来市生野町小野33-5
(生野駅から生野銀山口までバス約8分)
問TEL:079-679-2010
http://www.ikuno-ginzan.co.jp/

 

 

kanaya2017

●第16回 銀谷祭り
日時:2017年9月24日(日) 10:00~15:00
場所:朝来市生野町口銀谷(鍛冶屋町通り周辺)
問TEL:079-679-2240 銀谷祭り実行委員会
http://www.ikuno-kankou.jp/information/ikunokanayamaturi/

☆生野町口銀谷 まち歩きマップ
http://www.city.asago.hyogo.jp/0000001199.html

 

 

日本遺産 銀の馬車道 鉱石の道 鉱山群
●日本遺産
播但貫く、銀の馬車道 鉱石の道
~ 資源大国日本の記憶をたどる 73km の轍 ~
https://japan-heritage.bunka.go.jp/ja/stories/story045/index.html

 

 

 

_mg_5142
●おすすめの宿泊プラン一覧はこちらをご覧ください。
http://www7.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/en